カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

【ダウンロード販売】平成の言霊シリーズ4.しなのじ便り

「薬事日報」連載記事をPDFデータで復刻!
『平成の言霊』~先人の志に学ぶ~

≫シリーズ制作の意図はこちら

≪シリーズ第4弾≫
■「しなのじ便り」
[執   筆] 小林 富治郎(長野県薬剤師会・顧問)
[連載期間] 1995(平成7)年5月17日~1996(平成8)年6月7日

 先人の思いを引き継ぎ長野県薬剤師会会長として「面分業」推進を率いた小林富治郎氏がその“闘い”を振り返る連載。
ところで、「薬局国営論」という提案がされたことがある。その狙いとは・・・

 「診療機関の近くに薬局がないと不便」との“利便性”追求は、敷地内薬局につながった。
小林氏は、患者の生活圏内で即時的に医薬品に関して問題を持ち込める「かかりつけ薬局」の方が患者にとって遙かに便利ではないか―と指摘する。要は、地域住民に役立つ薬局・薬剤師であるか。これは今も変わらぬ命題であろう。その一つの形が面分業であり、非営利の追求であり、その行き着く先に「薬局国営論」があったようだ。
 かつて医薬分業を巡っては、商社等他業種の参入、大手調剤チェーンの進出に対抗する既存薬局(薬剤師会)という攻防があった。ただ、それは一面的な見方かもしれない。
 連載後段では、長野県薬会長の任期を終える直前まで繰り広げられた、面分業を守り抜くための“闘い”を振り返る。

【収載一覧】
〈1〉原点に戻る
〈2〉薬局とはそんなに旨い仕事なの?
〈3〉沈黙と逡巡は許されない
〈4〉職能の責任をどのように取る?
〈5〉“薬局国営論”は今日への鉄槌か?
〈6〉薬剤師教育改革は国民の願い
〈7〉医薬分業の真贋を決めるもの
〈8〉今こそ“にせ”分業との決別を!
〈9〉“基準薬局制度の普及”を急げ!!
〈10〉「今年こそ、本物の顔を見せる年」
〈11〉“われらかく闘えり”(1)
〈12〉“われらかく闘えり”(2)
〈13〉“われらかく闘えり”(3)
〈14〉“われらかく闘えり”(4)

【ダウンロード販売】平成の言霊シリーズ4.しなのじ便り

価格:

1,650円 (税込)

購入数: ID

■購入方法:下記「ダウンロード商品のご注文について」を参照
■販売形態:ダウンロード形式
■仕   様:PDFデータ
■動作環境(確認済):Windows10
               Adobe Reader、Adobe Acrobat
【定価】1,500円+税

※情報の二次使用について
  データの複製、複写、転載、販売、再販売、配布などは禁止しております。
※ダウンロード可能期限は、2030年3月31日までとなります。
  期限を過ぎた場合、商品のダウンロード(不具合等による再ダウンロードも含む)はできません。
  予めご了承の上、ご注文ください。

=================
 ダウンロード商品のご注文について
=================
1.ダウンロード商品のご注文
  「カゴに入れる」をクリックして、注文手続きにお進みください。
  ご注文完了後、お客様へ注文内容のメールが送信されます。

2.代金のお支払い
  クレジット決済・銀行振込・郵便振替、コンビニ決済(番号端末式)、
  銀行ATM・ネットバンキング決済(先払い)

3.IDおよびパスワードの送付
  ご入金を確認後、ダウンロード用のIDとパスワード、商品ダウンロード専用サイトの
  URLをお客様へメールで送付します。

4.ダウンロードサイトへアクセス
  DL専用ページ(https://www.yakuji.jp/d/)にアクセスして商品を選択、
  ID(ユーザー名)とパスワードを入力し商品をダウンロードして下さい。

※注)データはzip(圧縮)ファイルとなっておりますので、データの保存、解凍(展開)が
    できる環境でダウンロードしてください。

ページトップへ