カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

【ダウンロード販売】平成の言霊シリーズ2.私論 医薬分業

「薬事日報」連載記事をPDFデータで復刻!
『平成の言霊』~先人の志に学ぶ~

≫シリーズ制作の意図はこちら

≪シリーズ第2弾≫
■「私論 医薬分業」
[執   筆] 水野 睦郎(水野調剤薬局)
[連載期間] 1991(平成3)年10月31~12月21日

 この連載の締めくくりに水野氏は、「医薬分業の言葉を止めることを検討して欲しい」と語る。その真意とは・・・

 院外処方箋発行率は89年に10%台には乗ったものの、同連載がされた1991(平成3)年の時点では12.8%とその伸びは僅かであった。
日本薬剤師会では90年には「基準薬局」制度を発足させ、各薬局の処方箋応需機能の充実を求めた。
また、各種の行政施策により、90年代半ば以降、分業に係る数値は急伸することになったが、その現場は、国民不在の処方箋獲得に“奔走”し始めた時代とも言えよう。
 そのなかにあっても、「国民の利益」に真っ直ぐ向き合う水野氏は、プロフェッションとしての役割を、薬の過大な収益性の抑え込みにある、と語る。
さらに、休日・夜間の応需体制のあり方や地域貢献が可能な薬局規模の提案、水野薬局でいち早く取り組んだシステム開発で貫く薬剤師業務の本質など、薬局サービスのあるべき姿を示す。
 「私論」では、その真の姿が地域住民に伝わらない、そして夢のない業権意識の『分業』改め、『地域薬剤サービス』を提案している。

【収載一覧】
1)分業の進展度と目標
2)分業社会の開局義務
3)待機する薬剤師
4)地域社会をクリーンにする分業制
5)薬局の薬剤備蓄
6)地域の薬剤備蓄
7)高齢者のOTC薬
8)処方せんの様式
9)薬の収益性の抑制
10)薬局の規模
11)投薬と処方の違い
12)データと情報、システム評価

【ダウンロード販売】平成の言霊シリーズ2.私論 医薬分業

価格:

1,980円 (税込)

購入数: ID

■購入方法:下記「ダウンロード商品のご注文について」を参照
■販売形態:ダウンロード形式
■仕   様:PDFデータ
■動作環境(確認済):Windows10
               Adobe Reader、Adobe Acrobat
【定価】1,800円+税

※情報の二次使用について
  データの複製、複写、転載、販売、再販売、配布などは禁止しております。
※ダウンロード可能期限は、2030年3月31日までとなります。
  期限を過ぎた場合、商品のダウンロード(不具合等による再ダウンロードも含む)はできません。
  予めご了承の上、ご注文ください。

=================
 ダウンロード商品のご注文について
=================
1.ダウンロード商品のご注文
  「カゴに入れる」をクリックして、注文手続きにお進みください。
  ご注文完了後、お客様へ注文内容のメールが送信されます。

2.代金のお支払い
  クレジット決済・銀行振込・郵便振替、コンビニ決済(番号端末式)、
  銀行ATM・ネットバンキング決済(先払い)

3.IDおよびパスワードの送付
  ご入金を確認後、ダウンロード用のIDとパスワード、商品ダウンロード専用サイトの
  URLをお客様へメールで送付します。

4.ダウンロードサイトへアクセス
  DL専用ページ(https://www.yakuji.jp/d/)にアクセスして商品を選択、
  ID(ユーザー名)とパスワードを入力し商品をダウンロードして下さい。

※注)データはzip(圧縮)ファイルとなっておりますので、データの保存、解凍(展開)が
    できる環境でダウンロードしてください。

ページトップへ