カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

Q&A122 化粧品の微生物試験ガイドブック 製品編 ~防腐設計,製造工程管理から出荷検査,クレーム対策まで~

微生物技術アドバイザーとして活躍する著者が、化粧品の品質保証の要である微生物対策の基礎知識やノウハウを解説した技術指導書『Q&A181 化粧品の微生物試験ガイドブック』(2019年5月発行)の製品編。
シャンプー・リンス、メイクアップ製品、洗顔料、さらにオーガニック化粧品や美容マスクなどの製品ごとに、製造工程での微生物一次汚染対策や製品出荷前の特定菌検査、製品クレームが起きた場合の対応方法について詳しく解説しています。

保存効力試験に関わる微生物担当者をはじめ、個別のいろいろな化粧品処方を設計する化粧品技術者にも役立つ一冊です。

【POINT】
◇防腐設計・保存効力試験・衛生管理・製品試験の基本、汚染事故が起こったときの対応を製品ごとに解説。
◇クリーンベンチなどの機器類導入にあたっての考え方についても解説。
◇化粧品を設計、製造している方々から実際に寄せられた製品ごとの質問に、多くの事例や筆者自身の経験を
  交えて詳しく回答。

>>内容見本はコチラ(2.2MB)

>>チラシのダウンロードはコチラ(0.6MB)

Q&A122 化粧品の微生物試験ガイドブック 製品編 ~防腐設計,製造工程管理から出荷検査,クレーム対策まで~

価格:

3,300円 (税込)

購入数:
この商品について問い合わせる

【目次】
第1章 各種化粧品の防腐技術の基本
第2章 防腐設計、衛生管理、製品試験の基本
第3章 シャンプー類
第4章 リンス類
第5章 メイクアップ洗浄料、ボディ洗浄料
第6章 アイライナー、マスカラ
第7章 粉末化粧料
第8章 口紅、鉛筆、オイル製品
第9章 液状口紅
第10章 オーガニック化粧品
第11章 不織布マスク製品など
第12章 試験設備などの課題に関するQ&A

【著者紹介】
■浅賀 良雄 (あさか よしお)
微生物技術アドバイザー。
株式会社資生堂研究所で微生物関連業務に長年従事し、退職後はコンサルタントとして化粧品メーカーへの技術指導や講演活動を行っている。
元日本化粧品工業連合会微生物専門委員長。
元ISO/TC217(化粧品)日本代表委員。
元日本防菌防黴学会正会員。

【著者】浅賀 良雄(’21.03)
【判型・頁】A5判・268頁
【定価】3,000円+税
ISBN:978-4-8408-1549-9 C3047

ページトップへ