カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

フリーランス独り旅

本書は、コンサルタントとして医療・医薬品業界に40年携わり、現在も活躍し続けている著者が、自身の歩んできた道のりを振り返るとともに、様々な医療・医薬品業界への疑問について自らの考えを書き綴っています。
多くの医療・医薬品産業従事者に読んでいただきたい一冊です。

フリーランス独り旅

価格:

1,296円 (税込)

購入数:
携帯ページ

【目次】
序〜原点
1.薬局経営との出会い、気付き
2.日本の薬剤師の特徴
3.電子処方箋の時代
4.人間として、知性を持つ者としての薬剤師
5.医薬品卸企業の再編
6.Consultant Pharmacist.com
7.病院経営〜コンサルタントの役割
8.追憶〜思い出の医薬品卸企業の人たち
9.ガンからの生還
10.アメリカ進出〜終章に代えて
付録・対談「〈仏教と経営〉経営参加とは何か」
あとがき

「医療と医薬品業界で40年歩んできた道を振り返ると、実に多くの疑問が出てくるのを禁じ得ない。そもそも病気を治療する医薬品がマーケティングやプロモーションに馴染むのか?という根本的問題がある。
医薬品は、より多く販売することが目的ではなく、より多くの人達の疾病を救うことが目的であり、これを私達のミッションとして、そのための行動を各セクターが取ることが急務である。
特に公共性の高い産業は、その負託された重責を考えると、何よりも使命感が重要だと言える。医療・医薬品産業に従事する者はこのことを決して忘れず、常に負託された使命を実践する姿勢が求められていると思う。」
あとがきより抜粋

【著者】藤長 義二(’17.12)
【判型・頁】四六判・131頁
【定価】本体1,200円+税
ISBN:978-4-8408-1416-4

ページトップへ