カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

軟カプセルは生きている

軟カプセルの研究・開発から製造、販売に携わった著者が、軟カプセルの誕生から現在に至るまでを、軟カプセルの特徴や要点、今後の課題などを含め、わかりやすく解説している。

軟カプセルは生きている

価格:

2,052円 (税込)

購入数:

 文書がとても平易なので、軟カプセルの専門分野に従事している方にはもちろんであるが、軟カプセルに興味をもっている一般消費者の方にも理解しやすい構成になっている。

【目 次】

はじめに
第一章 軟カプセル・名前のルーツ
第二章 軟カプセルの歴史・平板法
第三章 軟カプセル内容液の現状
第四章 軟カプセルシェル(剤皮)の現状
第五章 軟カプセル製剤システムの現状
第六章 軟カプセル・実生産の現状
第七章 軟カプセル・商品から見た歴史
第八章 軟カプセルは生きている
第九章 軟カプセルとBSE
第十章 軟カプセル・成長のキーポイント
最終章 軟カプセル・こぼれ話
あとがき

山田 達 著(’08.6)
【定価】本体1,900円+税
判型・頁数:四六判・総頁128
ISBN978-4-8408-1019-7 C3247

ページトップへ