カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

国際化粧品規制2015-EU・アセアン・中国・米国・韓国・台湾・日本-

>>【訂正・追加のお知らせ】<<

世界の規制内容・成分規制がわかる!

世界の7つの国や地域における化粧品の規制の現状と背景、方向性を日本の現状と比較しながら理解できます。

第Ⅰ部 成分編は、各種成分規制の相互比較や成分規制リストを収載。
 ◆配合に禁止・制限を受ける成分のリストを収載し、各国・地域による制限の違いが一目でわかる。
 ◆色素、防腐剤、紫外線吸収剤などの種類、濃度の具体的な違いを把握できる。
 ◆中国で2014年6月に公告された、2014年版化粧品原料名称目録を収載。

第Ⅱ部 規制編は、国・地域ごとの最新事情や情報に基づき、①化粧品規制の概要と背景や化粧品の定義、②化粧品の製造・販売・輸入、③特別なカテゴリーにおける原則と手続き、④使用される成分規制の内容、⑤容器やレーベル、能書などに記載する表示の原則、⑥広告、宣伝内容の規制、⑦市場管理、副作用報告をわかりやすく解説。
 ◆それぞれの国や地域における特別な規制内容、背景について章末の「Coffee Break」で解説。
 ◆主たる規制には、直接知ることができるようWebサイトアドレスも記載。また、基本となる政府機関や関係協会
   を記載し、そこから得られる情報の概要も併記。

化粧品規制の概要把握、成分規制調査、輸出入に際しての品質管理・留意すべき点の考慮に役立つ一冊です。

国際化粧品規制2015-EU・アセアン・中国・米国・韓国・台湾・日本-

価格:

22,000円 (税込)

購入数:

【目 次】
はじめに/化粧品規制と日本の化粧品輸出入の実態
 1.輸出入の実態
 2.化粧品規制のグローバル統一化と主たる内容の相互比較
 3.日本での化粧品の製造/輸出入の際の留意点

第Ⅰ部 成分編
 1.配合禁止成分
 2.配合制限成分
 3.特別なカテゴリーで使用できる成分
 4.配合できる色素成分
 5.配合できる防腐剤成分
 6.配合できる紫外線吸収剤成分
 7.その他の成分
  ・EUで配合禁止成分であるが日本表示名称のある成分
  ・中国の2014年版化粧品原料名称目録
  ・化粧品成分として関係するワシントン条約収載成分の例

第Ⅱ部 規制編
  第1章 EU(欧州連合)
  第2章 アセアン
  第3章 中華人民共和国(中国)
  第4章 米国
  第5章 韓国
  第6章 台湾
  第7章 日本

【編集】化粧品法規制研究会(’15.4)
【判型・頁】A4変型判・796頁
【定価】本体20,000円+税
ISBN:978-4-8408-1288-7 C3047

ページトップへ