カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

実験動物発生異常アトラス-骨格異常-

日・米・欧の三極により、実験動物での発生異常に関する用語の統一が図られ、1997年に「実験動物発生異常用語集 Version1」が、また、2009年には改訂版として、より簡易な表現を用いた「Version2」が作成されました。
日本先天異常学会用語委員会ではこうした流れを受け、学会ホームページに「実験動物先天異常データベース」を開設し、「Version2」で規定された用語の日本版を掲載するとともに、該当する所見の写真を公開しています。
本書は、この「実験動物先天異常データベース」を基に、実験動物の「骨格異常」における所見を、カラー写真を用いてわかりやすく解説しています。

◆148所見、約300点の写真を掲載
◆所見およびその解説については、和文・英文の両方で記載
◆他の用語リスト(Mouse PhenotypeやHuman Phenotype)との関連については、Comparative Listを掲載

[アトラスシリーズ発売中]
シリーズ第1弾【外表異常】
シリーズ第2弾【内臓異常】

実験動物発生異常アトラス-骨格異常-

価格:

8,424円 (税込)

購入数:
携帯ページ

<CONTENTS>
1.Skull(頭蓋骨)
2.Clavicle and Scapula(鎖骨・肩甲骨)
3.Forelimb(前肢)
4.Hindlimb(後肢)
5.Phalanx of fore- and hind-paw(指趾骨)
6.Sternebra(胸骨)
7.Rib(肋骨)
8.Vertebral canal and Cervical vertebra(脊柱・頸椎)
9.Thoracic vertebra(胸椎)
10.Lumbar vertebra(腰椎)
11.Sacral and Caudal vertebra(仙尾骨)
12.Pelvic girdle(後肢帯)

【編集】日本先天異常学会用語委員会(’15.10)
【判型・頁】A4ヨコ判・284頁
【定価】本体7,800円+税
ISBN:978-4-8408-1320-4 C3047

ページトップへ